記事一覧

雨と有事の中の靖国参拝

平成29年8月16日(水)八月十五日の午後三時、沛然と雨が降った。靖国神社の昇殿参拝を控えて眺める明治五年に建てられた拝殿の屋根の両脇から滝のように雨が地上に落ちていた。その雨と拝殿から落ちる滝を眺めていて思った。この雨は、八月に入ってマスコミから湧き上がって蔓延する英霊が誤った戦争の気の毒な犠牲者だという空気を洗い流す清めの雨だ、と。また思う、この雨は、英霊が号泣されている雨なのか、と。それほど、激...

続きを読む

英霊に誓う靖国神社参拝

平成29年8月14日(月)八月十五日の終戦の日を迎え靖国神社に参拝するにあたり、次のことを記しておきたい。八月に入り、テレビ画面で、戦争中の悲惨で残酷な映像を見る日々が続いてきた。そして、その戦争の中で、戦死した人々を、無意識のうちにも、平和な現在とは全く異なる悲惨で異常な時代の犠牲者、つまり、現在の我々とは無縁の気の毒な人々として位置づけてしまいがちである。しかし、英霊の命は、日本を守るために捧げた...

続きを読む

断固とした核抑止力構築のとき

平成29年8月10日(木)八月に入った一日から十五日の日本武道館における全国戦没者慰霊祭の間に、我が国の言語空間に充満する「空気」を、我が国を占領統治したGHQ(連合軍総司令部)が、執拗に大規模に仕掛けた洗脳工作であるWGIP(日本が行った戦争は犯罪であり悪である)と無縁ではないと指摘した。この指摘は、スイス政府が全スイス国民に配布しているスイス政府編の冊子「民間防衛」による。その冊子「民間防衛」(2009年...

続きを読む

戦時内閣

平成29年8月7日(月)我が国は、国会における森友学園や加計学園や自衛隊の日報問題に関する左翼的マスコミと、その上で生息する野党と左翼と反日勢力の仕掛けた大いなる時間の浪費と空白の中で、左翼マスコミが、安倍内閣の支持率低下という「成果」を掲げて、八月を迎えた。いや、その「成果」には、もう一つある。それは、今になってやっと分かったのか、と言いたくなるほど、つまらんことだが、共産党とひっつき、左翼に主導さ...

続きを読む

WGIPを排して本土決戦の決意に敬礼しよう!

平成29年8月2日(水)本土決戦とは何か。WGIPで作られた自虐史観では、その真実が見えない。次の一文を読まれたい。  この長い歴史を持つ私たちの島の歴史が、  遂に途絶えるのなら、  それは、われわれ一人ひとりが、  自らの流す血で喉を詰まらせながら  地に倒れ伏すまで戦ってからのことである。これが本土決戦である。この言葉は、イギリス首相チャーチルが議会で訴えた演説だ。このとき、昭和十五年(一九四〇年)...

続きを読む