記事一覧

ある自衛隊の知られざる沈黙の行動

平成29年11月25日(土)先の時事通信で、一九七七年(昭和五十二年)九月と十一月の、北朝鮮による能登半島からの三鷹市ガードマンの久米裕さんと新潟からの十三歳の横田めぐみさんの拉致に関し、まさにその時、我が国政府(福田赳夫内閣)は、その二人の失踪が、北朝鮮の拉致によるものであることを察知していたと書いた。つまり、能登半島と新潟の現場の警察が、まず北朝鮮による拉致だと察知し、その情報が東京に届き、東京の政...

続きを読む

憲法無効と国軍の創設と西郷南洲

平成29年11月23日(木)この度、十七日に茨城県の日立、十九日に愛媛県の松山を訪れて、我が国に迫る国家存亡に関わる懸案問題と、それを克服する為の戦略論としての日本国憲法無効論の話をさせていただいた。その中間の十八日は、滋賀県の琵琶湖畔で中学高校の同窓会があった。久しぶりに会う十代の頃の友と恩師、話は尽きなかった。本通信では、日立と松山の集会で語らせていただいたこと、松山の護国神社に祀られている松山歩兵...

続きを読む

皇統継承は、退位ではなく譲位だ!

平成29年11月22日(水)今上陛下から皇太子殿下への皇位の継承とは、皇統の継承つまり皇統連綿のことであり、即ち、これは、「皇嗣即チ践祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク」(真の皇室典範)ことである。よって、「退位」ではなく「譲位」と呼ばねばならぬ。しかるに、昨年八月八日の陛下のお言葉を承けた法律においても、この度のマスコミの言葉使いにおいても、「退位」という言葉のみを使う。何故か、「日本国憲法」と題する文書の第四条に...

続きを読む

今こそ、脱亜論の実践期

平成29年11月16日(木)この度のアメリカのトランプ大統領の東アジア歴訪は、まず、日本を訪問して、次に韓国に行き、その次に中共に至ったが、これは、アメリカ大統領が、全く違う二つの文明圏、即ち、「日本」と「中華秩序の朝鮮と支那」を数日で歴訪したということだ。トランプ大統領が飛び越えた日本と朝鮮半島の間の海、つまり対馬と半島の間の幅約50キロの対馬海峡は、実は、アメリカと日本の間の海である太平洋より広いの...

続きを読む

断固軍事作戦を支持し、中韓の話し合い路線に嵌まるな

平成29年11月11日(土)トランプ大統領の、日本から韓国そして中共への歴訪で確認できたのは、この三ヶ国の中で、大陸間核弾道ミサイル保有寸前の北朝鮮へのアメリカの武力行使のオプションを容認しているのは我が国だけだということだ。その武力行使の目的は、北朝鮮の核弾道ミサイルという「兵器」の破壊と、その兵器の使用を決定する指揮命令系統の破壊(斬首作戦)である。では、武力行使を容認しない北朝鮮との「話し合い」と...

続きを読む