FC2ブログ

記事一覧

プーチンの『レッテルの詐欺』に引っ掛かるな

平成30年11月15日(木)十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東進政策の結果、太平洋に達したロシアという熊が、太平洋に面して、東に両手を広げたとき、右の手で握ろうとしたのが、この対馬であり、左の手で握ろうとしたのが、樺太だ。事実、ロシアは、ほ...

続きを読む

明治百五十年、日本と西洋、どちらが野蛮か

平成30年11月7日(水)今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊日本」への投稿原稿に加筆したものだ。維新にが成って、飄然と薩摩に帰っていた西郷隆盛が、明治三年にはるばる東北から薩摩に来た庄内藩士達数十名に語ったことを書き留めた「西郷南洲遺訓」...

続きを読む

悲劇的なまでに偉大であった明治

平成30年10月29日(月)明治天皇のお誕生日、十一月三日の天長節、即ち「明治の日」が迫る本日十月二十九日、高円宮絢子さまご婚礼が明治神宮で行われた。まことに、おめでとうございます。絢子さまは、明治天皇の孫で昭和天皇の弟である三笠宮崇親王の孫にあたられる。そして、本日の産経新聞「正論」は、新保祐司氏の「『正気』が光放った明治の気概を」と題する一文である。この一文は、まことに格調高く、高貴なる明治の精神が...

続きを読む

誇りある旭日旗が甦る

平成30年10月25日(木)先の十月十一日の韓国済州島における韓国主催の国際観艦式の実施に際し、韓国政府が、参加各国に対して、参加する軍艦には、「自国国旗と韓国国旗だけをマストに掲揚することが原則」だと通告した。つまり韓国は、我が国に対して自衛艦に自衛艦旗を掲揚するなと通告してきたのだ。その魂胆は、我が自衛艦旗は朝鮮を植民地支配して痛めつけた大日本帝国の軍艦旗と同じだから、その軍艦旗つまり自衛艦旗を韓国...

続きを読む

本日、靖国神社に参拝してから、明日、北京に行かれよ

平成30年10月24日(水)明日の二十五日、安倍総理が中国を訪問する。別に、今、北京に行かなくともいいのだがなあ、と思うが、行くということになっているのだから、仕方がない。そこで、この訪中の背景を造ったのは誰かと指摘しておきたい。それは、ドナルド・トランプアメリカ大統領の次の二手である。(1)米中貿易戦争の発動(2)二十日の米ソ中距離核戦力全廃条約(INF)の廃棄宣言安倍総理は、この「光背」を背負って訪中す...

続きを読む