記事一覧

あっぱれなり、国難突破解散

平成29年9月26日(火)安倍総理は、二十五日、国難突破!のため、二十八日に衆議院を解散し、十月二十二日投票の衆議院総選挙を実施することを表明した。さすがである!まことに厳しい現在の我が国を取り巻く内外の情勢を見渡せば、それは、まさに「国難」であり、その「国難」を突破するためには、突破に向かう安倍内閣に対する国民の理解と支持と参加がどうしても必要であるからだ。よって、この度の「国難突破解散」は、次の状...

続きを読む

義を明らかにして私を計らず

平成29年9月25日(月)この度の、堺市堺区の大阪府議会補欠選挙に立候補した息子、西村日加留に対して頂いたご支援に、心より感謝し、お礼申し上げます。まことに、ありがとうございます。そして、この諸兄姉のご支援は、これからも、日加留の志をさらに育み、我が国における公への奉仕のなかで生かされるものと存じます。さて、私がいつも選挙において心に思い浮かべる言葉は、幕末の備中松山藩の山田方谷先生の次の言葉です。 ...

続きを読む

時代はレンジャーを必要としている

平成29年9月21日(木)日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳の時に拉致された横田めぐみさんのことに触れて、北朝鮮のすさまじい人権侵害を強く非難した。同時に、南シナ海において、独断的かつ自己中心的な主張を掲げながら、軍事力によって領土領域の...

続きを読む

国防は最大の福祉

平成29年9月19日(火)数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く、まことに厳しい内外の情勢を見つめれば、この解散は、人知を離れて、つまり、総理と与野党の思惑や、解説者のご卓説を超えて、我が国が、本来の「国家」を回復するか否かの画期的かつ歴史的...

続きを読む

軍人の視点からの判断

平成29年9月13日(水)昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統領は、明確に軍事によって北朝鮮無力化しようとしていると書いたのだが、織田邦男閣下は、軍人のマティス国防長官は、北朝鮮に対して、アメリカの軍事力を行使しない、もし、トランプ大統領が...

続きを読む

安保理決議は、軍事力行使の手段である

平成29年9月12日(火)国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカのトランプ政権の最終目的は、北朝鮮のアメリカに届く核弾頭ミサイル保有を阻止することである。大統領もアメリカ国民も、いつ何時、猫を咬む窮鼠になりかねない独裁者から原子爆弾で脅迫され...

続きを読む

現在只今の危機、平和主義者が戦争を造る

平成29年9月9日(土)九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決めることだ。ところが、我が国の世情は、相手を激しく罵ることによって名を上げた女性議員の不倫報道と当の本人が、どや顔で情け容赦なく糾弾していた他人の白々しい言い訳を、まさにその本人が...

続きを読む

NPT条約第10条発動の時が来た

平成29年9月5日(火)今、着眼すべきは、核兵器の不拡散に関する条約(NPT条約)第10条  各締約国は、  この条約の対象である事項に関連する異常な事態が、  自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、  その主権を行使して、  この条約から脱退する権利を有する。北朝鮮の八月二十九日のミサイル発射に続く九月三日の水爆実験に直面し、我が国は、政府と国会、また朝野のいずれの場においても、このNPT条約...

続きを読む

世界史の大流が促す北朝鮮と中共の崩壊

平成29年9月3日(日)我らの目の黒いうちに、必ず北朝鮮と中共は崩壊する。これが世界史の大流だ。その大流とは、古代から中世そして近世を経て現在に至る諸国民の自由を求める流れである。この流れから北朝鮮と中共を俯瞰すれば、それらは、共に、古代的もしくは中世的権威主義的暴力的独裁の中に閉じ込められている。従って、その元凶の北朝鮮の金独裁王朝と中国共産党独裁体制は必ず崩壊する。東アジアの未来は、明るいのだ!八...

続きを読む

憲法九条がミサイルと拉致を我が国に呼び込んでいる

平成29年9月1日(金)北朝鮮が二十九日の早朝、ミサイルを発射し、北海道上空を通過させ襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下させた。それから、二十九日と三十日の二日間の報道は、このミサイル発射に関することだらけで、昼のワイドショーにおいてもミサイルの専門家が出てきてやっていたようだ。その報道をほとんど見ていなかったのだが、我が国は北朝鮮がミサイルを我が国上空に飛ばしたことに衝撃を受け、Jアラートは、...

続きを読む