記事一覧

安倍総理、祝国難突破の実践期突入!

平成29年10月23日(月)北朝鮮の核ミサイルの脅威に直面して、九月二十五日、衆議院を解散する決断を表明するに当たり、安倍総理は、この国難とも呼ぶべき問題を、私は全身全霊を傾けて突破してゆく、と言い切った。そして、十月二十二日、国民は安倍総理の基盤である与党を圧勝せしめた。これは、安倍総理が、全身全霊を傾けて国難を突破する歴史的使命を与えられたということである。つまり、我が国は、この総選挙を経ることによ...

続きを読む

総理大臣は靖国に参拝して内なる国難を克服せよ

平成29年10月22日(日)二十一日は、総選挙の最終日。午前中は、雨の中で、堺市南部(大阪第17区)の田園、辻之、うぐいす谷地区を約二時間、候補者と共に、選挙用語で「桃太郎」(歩いて支援を訴える)をした。我が国を取り巻く内外の情勢は、まことに厳しい。まさに国難。この国難を突破するために、安倍総理は、総選挙を決断した。この選挙は、国民が、その国難突破に参加するために為されている選挙である。皆さん、安倍内閣...

続きを読む

さらに総選挙の原点を点検する

平成29年10月17日(火)安倍総理は、九月二十五日夕刻、記者会見して次の通り言った。  北朝鮮の脅威に対し、  国民の命と平和な暮らしを守り抜く。  この国難とも呼ぶべき問題を  私は全身全霊を傾けて突破してゆく。これが、この度の総選挙の起点である。では、この「北朝鮮の脅威」即ち「国難とも呼ぶべき問題」とは具体的に何か、そして、これを「突破する」とはどうすることか、このことを点検する。(1)北朝鮮の脅...

続きを読む

「さらに国難突破の大義を語り尽くせ」

平成29年10月15日(日)総選挙の後半に入り、何度でも言う。国難克服を語り尽くせ、と!日本を信じ、日本国民を信じて、国難を語れ、と。そもそもこの総選挙の基点は、九月十九日と二十日の、ニューヨークの国連におけるトランプアメリカ大統領と安倍内閣総理大臣の日米両首脳による「日米同盟による国際的危機克服」の演説である。トランプ大統領は言った。北朝鮮の堕落した政権ほど、他の国家や自身の国民の幸福をないがしろにし...

続きを読む

二十五年目ぶりの朝、総選挙を斬る

平成29年10月11日(水)まず、本日の感慨を述べさせていただきたい。衆議院総選挙公示日に立候補せずに朝を迎えたのは、この二十五年間で初めてだ。「利」を求めて走るネズミの群れを眺めてから迎えるこの朝、仁徳天皇御陵に参って、皇国の弥栄と天皇皇后両陛下の弥栄を祈り、まことに、爽快な感がする。何故なら、不肖西村が、今、与えられたこの場所で果たすべき「公」とは、今が天下の運命を決する秋と思い決し、ジタバタ立候補...

続きを読む